スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

天地人のラブコメと戦国ドラマが携帯で

第2回まで、子役の加藤清史郎くんが中心だったが、今回3回からは妻夫木聡さんメインのストーリー展開になった。

加藤清史郎くんの問い合わせがNHKに殺到したらしく、公式サイトに臨時でページが公開されている。
http://www3.nhk.or.jp/taiga/topics/jinbutu-nav01/index.html

第3回公開時点で第3回までの情報が掲載されている携帯サイトもチェックしてみた。
天地人携帯サイト

今後の充実を期待してみようと思う。

続きを読む »

FC2 Management

テーマ : 天地人 - ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : 天地人 携帯サイト

会社経営者が兼続から学ぶべきこと

こんな話があります。

関ヶ原で勝利した家康に従うことになった景勝は、会津120万石から米沢30万石に減らされたのだ。

ふつうは養いきれなくなった家臣たちを現代でいうリストラするのだが、一切解雇しなかったのだ。

その理由は直江謙次が「人こそが大名の資産である」と考えたからである。

もちろんしわ寄せがあるのだが、それは兼続や景勝の直轄地をへらすなどの努力で乗り切ったのだ。

派遣社員を簡単に切る。正社員も早期退職希望を募る現代の会社経営者たち。
社員を家臣たちと考えるなら簡単に切れる経営者は本当に優秀なのだろうか?

愛・・・。

【愛】人物シルエットカッティングデザインステッカー天地人 直江兼続 愛(H15-20cm)切文字ステッカー/シール
他の商品もチェック

続きを読む »

テーマ : 直江兼続 - ジャンル : 学問・文化・芸術

Tag : 直江兼続

「愛」の字を用いた理由

兜の前立てに「愛」の文字!

戦国の時代であまりにもカッコよく、ひときわ目を引くのも事実である。

実は直江兼続(なおえかねつぐ)が「愛」の字を用いた理由は定かではないのだ。

がっかり。

諸説あるが、愛染明王(あいぜんみょうおう)や愛宕権現(あたごごんげん)の信仰からきているのではないか?という説。

それとは別に、「民を愛するという精神」から来ているのではないか?という説。

さまざまであるが、個人的には民を愛した武将がいたというほうがロマン溢れ、大河ドラマ 天地人も人気が出るのではないかと思う。

そうであってほしいですね。

続きを読む »

テーマ : 天地人 - ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : 直江兼続

兼続が直江を継いだ背景

上杉家を継いだ景勝(かげかつ)はあとを継いだものの、力不足。

褒美に不満を持った家臣の毛利秀広(もうりひでひろ)がいた。

秀広は褒美が少ないのは、景勝に教えを説いている山崎秀仙(やまざきしゅうせん)のせいと思い込んだ。

そこで秀仙と、上杉家の重臣・直江信綱(なおえのぶつな)が話をしているところを襲ったのだ。

秀広はすぐにつかまり、信綱は巻き添えで死んでしまった。

信綱には子供がなく、景勝は名家・直江が絶えてしまうのはもったいないと、信綱の未亡人・お船(おせん)と兼続を結婚させたのだ。

そして、今の新潟県中越にある与板城の城主になる。
このとき兼続21歳である。(1581年)

続きを読む »

テーマ : 天地人 - ジャンル : テレビ・ラジオ

Tag : 天地人 直江兼続 お船の方 与板城

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。